映画櫻の園の音楽

演劇部を舞台に女子高生の青春を描いた映画櫻の園は、多感な年ごろの少女たちの繊細な心情にマッチした音楽でも注目を集めました。なかでも、1990年版のリ・イメージ作品として公開された2008年版の主題歌は、コアな映画ファンのみならず多くの人々に今も根強い人気を誇っています。

「映画櫻の園の音楽」の続きを読む…

映画櫻の園の評判

映画、櫻の園は、実は1990年と2008年の2度にわたり映画が製作、公開されています。どちらも監督は中原俊さんなのですが、それぞれストーリー運びなどに違いがあります。そのため、同監督作品でありながら、評判が分かれているのが特徴です。

「映画櫻の園の評判」の続きを読む…

ネタバレ注意!映画櫻の園の名セリフ

櫻の園の原作は、吉田秋生の漫画です。それを元に、中原俊監督が1990年と2008年に映画化しました。内容は、伝統ある女子校でチェーホフの「櫻の園」を演じる女子高生達の心の機微や葛藤を描いたものになっています。2008年の映画「櫻の園」にも名セリフがたくさんあります。

進路変更と迷い

主人公、結城桃は周囲からの期待されていたバイオリンの道を自ら退く決意をし、苦言を呈された際に「これからの人生の方が長いですから」と言い切ります。そこには、自分の中の才能と自己実現が一致しないことに、自分で気づき行動する若者の潔さがあります。

「ネタバレ注意!映画櫻の園の名セリフ」の続きを読む…

映画櫻の園のキャストをチェック

映画、櫻の園には1990年に公開されたものと、2008年に公開されたもののふたつがあります。それぞれストーリーや設定が異なっているのが特徴なのですが、主要キャスト陣が異なっているのも面白いところです。

1990年の櫻の園のキャストについて

まず、こちらの映画の出演者は、すべてオーディションによって選ばれました。そのため、何気ない日常の中で繰り広げられる、ごく普通の少女たちの心理模様が、よりリアルに描かれ、表現されていると言うことができます。

「映画櫻の園のキャストをチェック」の続きを読む…

映画櫻の園の撮影場所

映画「櫻の園」は、2008年に公開された日本映画です。この作品は、漫画家である吉田秋生の原作「櫻の園」にもとづき映画化されたものです。

人気少女漫画がついに映画化される

吉田秋生のオムニバス漫画を映画化した「櫻の園」は、大手出版社である白水社の「Lala」に連載されていました。物語の舞台は、とある女子高校の演劇部です。封印された戯曲である「櫻の園」の公演に取り組む、女子高生たちの心模様と成長を描いたストーリーとなっています。

「映画櫻の園の撮影場所」の続きを読む…

映画櫻の園の興行収入

映画の中でも最近は邦画も注目されるものが多くなり、今では漫画原作の映画が作られていることもよくあります。人気のある漫画だからといって興行収入がものすごいわけでもなく、また興行収入がすごいけれど原作の評価はいまいちといったものもあります。

「映画櫻の園の興行収入」の続きを読む…

映画櫻の園の原作

映画櫻の園は、1990年と2008年の2度にわたって映画化されたガールズムービーの金字塔です。原作となった櫻の園は、1985~1986年に月刊少女雑誌「LaLa」に連載されていました。20年以上の時を経ても色褪せることのない原作と作者の魅力に迫ります。

漫画櫻の園はどんなストーリー?

原作は、桜の季語を冠した「花冷え」「花紅」「花酔い」「花嵐」の全4章からなるオムニバス形式の作品です。桜咲く丘の上にある桜華学園に通う4人の女子高生たちが、演劇という共通点によって繋がれ、すれ違い、交差する様子を丁寧な視点からつぶさに見つめ、心の動きをありのままにとらえています。

「映画櫻の園の原作」の続きを読む…

映画櫻の園の主演は

映画櫻の園は、女性漫画家・吉田秋生の原作をもとに、中原俊監督によって1990年、2008年の2度実写化されました。原作は全4章からなるオムニバス漫画ですが、実写化にあたっては演劇部員たちの本番前の2時間にスポットを当てるなど、凝縮された時間の中で青春の本質を見抜く大胆な演出が光る作品です。

初の実写化となった1990年版櫻の園は、日本アカデミー賞編集賞を含む21の賞を総なめにし、青春物語の金字塔として邦画史に残る名作の筆頭に挙げられています。

「映画櫻の園の主演は」の続きを読む…